横浜赤レンガ倉庫ドールハウス展 〜小さな灯りの物語展〜

文明開化の香り漂う、ガス灯発祥の街・横濱

浪漫あふれる地に灯る、小さなミニチュアの世界!

 「ドールハウス」は、“おうち” をはじめとする生活空間を縮小したミニチュアサイズの美術工芸品です。一般的には、12分の1スケールを基準としています。16世紀にドイツの侯爵が愛娘のために作らせたのがはじまりといわれており、侯爵は娘にドールハウスを通じてお城の運営方法、各部屋でのお客様のおもてなし方法を楽しく学ばせたそうです。そうした子どもの情操教育と一環として貴族の間で広まったドールハウスは、18世紀の産業革命によって大量生産が可能になると、あっという間に世界へと普及していきました。その時代の生活様式を伝えつつ発展し、長い歴史を経て世界中で愛されるようになったドールハウスが、日本でも知られるようになったのは1970年代頃。1997年には日本初の全国組織である「日本ドールハウス協会が発足し、現在では国内外7支部の拠点でドールハウスの普及と交流、講師認定と育成などを行っています。

 本展では、そんな「ドールハウス」の歴史と今を伝えるため、近代化産業遺産にも認定された歴史的建造物横浜赤レンガ倉庫を舞台に、“灯り” をテーマにしたドールハウス作品を展観いたします。世界二大コレクションを有する箱根ドールハウス美術館アンティーク作品から現在活躍する総勢37名による現代日本人作家の新作・代表作まで、多種多様な作品がここ横浜に一挙集結!みなとみらいの街の灯りのもとで、ミニチュア浪漫のたくさん詰まった展覧会を心ゆくまでお楽しみください。

会期:2024年 4月10日(水)〜4月22日(月)
時間:11:00〜18:00 金曜は20:00まで(★花金限定!ナイトミュージアム音楽ライヴあり)
観覧料:大人(高校生以上)1,200円/小中学生500円 ※未就学児無料
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館2階
住所:神奈川県横浜市中区新港1-1-1

出展作家あいさわかずこ/Atelier 2cv/Up far field/AMI YAMAGUCHI/伊藤義昭/内川由利子/遠藤大樹小川富美子/神谷純菜/工藤一馬/鈴木信子/スフィアS 〆野/善蔵堂/高橋起弥地主薫/丁卯/土屋靜/つづきさくじ/中村京介/西美加子/八柳敬子/服部香Hungry Kumako/仁美/平田由香/福澤博美/Mon sonorite/みつもとみちこ/矢木達也/山口葉子/ゆりこ/吉田久美子/ribbon/龍都/和田眞紀子/(台湾支部)郭桄甄/李詩晴/許琬莛

会期中イベント
ミニチュア販売会(土日限定)&ワークショップ 土日限定(平日限定/参加有料)
▶︎ドールハウス作家によるミニチュア商品の販売会と、初心者でも本格的なミニチュア&ドールハウス作りが体験できるワークショップを開催します。

開催日:4月13日(土)14日(日)20日(土)21日(日)

ドールハウス謎解きイベント ※景品なくなり次第終了(参加無料)
展示内の謎解きをして作家たちによる手作りミニチュア商品をGETしよう!

モナムール横浜〜昭和歌謡の夕べ(音楽会)金曜限定(ご来場者鑑賞無料)
▶︎花のフライデーナイトは、仕事終わりにミニチュア×ミニコンサートのW鑑賞!閉場時間を2時間延長し(金曜夜のみ)、横浜にちなんだ昭和歌謡曲や港町ソングなど懐メロの数々を、お洒落なアレンジの生演奏でお届けします。
日時:4月12日(金)19日(金)18:00〜20:00 (各20分×3ステージ)
場所:展示会場内多目的スペース

出演:藤元高輝(ギター)、新美桂子(歌)、伊左治直(鍵盤・打楽器)
※ご来場者(本展チケットご購入の方)はどなたでもお楽しみいただけます。
※ワンドリンク付きVIP席(先着順)も+500円でご用意(当日販売あり)
ご予約:Email: pboxx@pierota.co.jp / Tel: 03-5148-5821

アクセス
【お車でお越しの場合】

●首都高速横羽線を横浜方面へ進み「みなとみらい」または「横浜公園」で下車
●横浜ベイブリッジを渡る場合は、首都高速湾岸線を経由して「みなとみらい」にて下車
【電車でお越しの場合】
●みなとみらい線「馬車道駅」「日本大通駅」より徒歩6分、「みなとみらい駅」より徒歩12分
●JR・市営地下鉄「関内駅」より徒歩15分●JR・市営地下鉄「桜木町駅」より汽車道経由で徒歩15分

お問合せ:株式会社ピエロタ(横浜事務局)
Tel: 045-507-5941 / Email: dollhouse@pierota.co.jp

主催:箱根ドールハウス美術館株式会社ピエロタ
共催:日本ドールハウス協会
協力:株式会社エポック社株式会社亥辰舎牧神画廊

Flyer 表

Flyer 裏